フラットホワイトはnew-zealand生まれ

この記事は2019年06月16日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

今は世界でも有名なフラットホワイトはnew-zealandで誕生しました。自分はいつもソイラテを飲むんですけどたまに飲むとなんとも美味しい。

How the flat white was invented

考案者が語る開発秘話

1980年にCIVICシアターの裏手にある1920年からの空き部屋をリノベーションして、イタリアンレストランから引き取った壊れたエスプレッソマシーンを修理して始めたカフェはNZにコーヒー文化をもたらしました。

彼らの前にもコーヒー屋さんは数件あったけど軒並み姿を消したんだとか。

当初のフラットホワイト

当初はエスプレッソに冷たいミルクを混ぜたものだった様で、そういえばオーストラリアで知り合ったjapan人が「コーヒー牛乳」と言ってたのであれが近かったかも。

ただ彼らはミルクを500%まで泡だててからエスプレッソにかけるという形でフラットホワイトを今の形にした様です。

フラットホワイトはたしかにNZ発

どうもフラットホワイトはオーストラリア発かNZ発かという様な議論がある様ですが、考案者自らこうやって経緯を説明したのでNZ発なんでしょうね。

作った人がメルボルンでコーヒーの修行をしたことから誤解された嫌いがあります。

そんなわけですからフラットホワイトも今後は飲んでみようかと思います。

ニュージーランドの最新記事

の最新記事

歴史の最新記事