明日はQueen's Birthday

この記事は2019年06月02日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

今年の6月3日は女王誕生日というnational-holidayでお休みです。明日の祝日が終わるとNZでは当分祝日がないのでみんな寂しそうになります。今回はこの祝日について調べてみました。

このnational-holidayについて

Queen’s Birthdayというnational-holidayは毎年6月の第1月曜日になります。NZでは月曜日が祝日になるとロングウィークエンドといいます。japan人からしたらあまり珍しくもないですね。でもNZでは祝日が少ないので貴重な一日です。

Queenって誰?

ではここで言うQueenとは誰か?というと、エリザベス2世です。御年93歳、イギリスの女王陛下ですね。ではなんで彼女の誕生日をNZでお祝いするのか?という話ですが、これはCommon Wealthというものと深い関係があります。

エリザベス女王はイギリスの女王でありながら、コモンウェルスの領主でもあるのです。コモンウェルスにはNZの他オーストラリアや南アフリカなどもあり、結構な数の国があります。

実は彼女はこういった国々の領主でもあります。

本当の誕生日は?

japanでは天皇陛下の誕生日はそのままnational-holidayですが、このQueen’s Birthdayは実は本当の誕生日ではなく、エリザベス女王の本当の誕生日は4月21日なんだとか。

イギリスの女王や王様が誕生日を2つ持つという風習は250年くらい前に始まったそうです。

当時のイギリスの王様ジョージ二世は11月に生まれたのですが、この時期は天気も悪く、王様の誕生日を祝うにはいい時期ではないので、6月にもう一つ誕生日を持ってそっちでお祝いすることにしたのが始まりだそうです。

わがまま!

そういうわけですから

今のエリザベス女王がおられるうちはQueen’s Birthdayは続いていきますね。彼女のお世継ぎはチャールズ王太子なので、順調に行くと次はQueenではなくKingになり、national-holidayの名前もQueen’s BirthdayからKing’s Birthdayに変わるのでしょう。

ちなみに英国王室では継承権が20位まで決められているので、世継ぎには困らなそうですね。

次のnational-holidayはなんと10月

NZの次のnational-holidayは10月末のレイバーデーですね。4ヶ月以上祝日がありません。誰か助けてください・・・たす・・・けて・・・

参考にしたもの

ニュージーランドの最新記事

の最新記事

祝日の最新記事