小学校の授業風景

この記事は2019年05月28日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

チビの登校拒否がかなり激しく学校への送り迎えをするようになりました。そんなわけでYear 1の授業風景を見ることがあります。

驚くべきはその自由さ。

基本幼稚園状態

割とそこかしこで自由に遊んでます。で、ある程度の時間になると集まって授業をやります。

授業もみんな席についてどうと言うよりは、みんな集まって座って数の数え方やったりする感じです。

ただ、一つ違うのは、代表の子供が一人前に立って問題を出します。それに対して他の子供が答えるスタイル。

うちのチビは英語が喋れないし入ったばかりで右も左もわからなかったのですが、その時は先生が「この子のヘルプしてくれる人はいますか?」と聞いたらみんなもれなく手を上げてくれたそうです。美しいですね。

時間割があるような無いような

多分この時間からこの時間は授業、と言う感じになってると思うんですけど、先生も「今は雨が降ってるから算数をします」とか、「晴れたのでみんなで体育しましょう」と言う感じです。japanみたいに3時間目は体育だけど雨が降ったら中止、なのではなく、やれるときにやれることをやる感じです。

体育中に水を飲んで良い

体育といってもお遊戯に毛が生えたくらいのものですが、走った後に水を飲みたい子は水を飲んでいます。

そのことについて誰も何も言いませんでした。

どんぐりをかじる子がいたりおもちゃがあったり

教室の庭にどんぐりの木が生えてるんですけど、落ちてるどんぐりの実をかじって猛烈にペッペしてる子がいたりしました。渋かったんでしょうねー

このくらいの学年のクラスには割とおもちゃがあったりして遊んでる子もいます。ベイブレードがあったりしました。おじさんjapan人だけど世代じゃ無いんだよ、、、

なぜか数の数え方にはこだわりが見られる

お昼になるとまずみんなで数を数えましょう、と言うのをやってるんですけど、1から100まで、1000、100万、10億、までやります。

、、、なんで?

japan人には好みが分かれそう

そんなわけで一年生の教室は幼稚園プラスαくらいのものでした。きちんとみんなが席について時間割に従ってさまざまな科目をこなす、と言うのが好きな親御さんだと、えー!?ってなるかもしれませんね。

自分は学校出る頃には整ってれば良い、と思ってるのでむしろこれなら学校や勉強に対する抵抗も少なくて済むのでは?と思っていたりします。

ニュージーランドの最新記事

子育ての最新記事