常陸三十三観音二十四番札所・長福寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

25番から一つさかのぼって24番の長福寺さんです。このお寺は少し入り組んだところにある感じでした。すごい大きいんだけどなんだか目立たない感じで興味深いお寺でした。

長福寺の概要

このお寺はもともとは律宗という宗派のお寺だったそうなんですが、今は曹洞宗のお寺で、東勝山長福寺が正式な名前です。

本尊は十一面観音ですが、これは律宗の頃からの本尊と考えられているようです。創建は1029年なんだそうなので、もうじき1000年経つお寺ですね。めっちゃ続いてる。

大子町文化遺産より

お参りする

まず目立つのはこの石碑です。東勝山、なんか神武東征とかそんなのに絡めた名前だったりするのかと深読みしてみたけど1000年前じゃそんなこともなさそうです。

別格地
この別格地というのは一体どういう意味なんでしょうかね?

山門がなんだかとてつもなくごっつい。別格な雰囲気出しています。なんでかと思ったら上の方がやたら大きいからかもしれません。

山門
なんとも頭でっかちな山門です。東日本大震災のとき無事だったんでしょうかね。

この石段を登ると本堂に到着します。なんかかっこいいお寺です。お寺お寺したお寺。この建物の右側にある寺務所兼売店で御朱印をいただけます。

本堂
なんというか日本昔ばなしに出てきそうなデザインのお寺でした。

本堂の軒下に籠がぶら下がっていました。この籠は何なんでしょうね?なんとも謎の多いお寺です。興味深い。

謎の籠
この籠でなにか神聖なものを運んだのか、それとも住職さんの趣味か・・・謎が謎を呼びます。

お寺は結構こういった龍があるところありますね。こういうのも一体どういう言われなのか、わからないことだらけですね。

龍
この龍はデザイン的な意味で中国から来たんだと思うんですが、なんで日本でも採用されているんでしょうか

御朱印

御朱印を頂戴しました。先に調べたときに本尊は千手観音だったようなんですが、こっちでは釈迦如来と書いていますね。律宗から曹洞宗に変わったときにご本尊も変わったのかしら。

御朱印

ちなみに、御朱印では千年記念の記述があります。最初に調べたホームページの記述と若干食い違ってますね・・・

長福寺への行き方

長福寺へは水郡線の上小川という駅が近いですね。歩いて15分くらいで到着するようです。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事