常陸三十三観音二十一番札所・松岩寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

常陸三十三観音二十一番松岩寺さんに来ました。

松岩寺について

松岩寺は1607年に開基し、1689年に徳川光圀に寄って本寺変えなるものが行われたそうですが、これが何かはよくわかりません。

境内には推定樹齢350年の山桜の巨木があるそうです。そういえば「いい時期にまた来てくださいね、桜が本当にすごいですから」と言われたのを今思い出しました。

参考サイト(高萩市観光協会様)

お参りをする

入り口にご立派な碑がありました。松岩寺の銘の脇に小さく何か彫られていますが読めませんでした・・・

入り口の碑
松岩寺さんはちょっと小高い場所にあるお寺です

お寺の入り口まで石段をてくてくと上がっていきます。この石段が苔むしていて鄙びていてなんともいい感じです。

石段
きっちり手入れされた綺麗なお寺もそれはそれで良いんですがこういう感じで苔むした雰囲気のほうが個人的には好きですね。

お寺の中には何も乗っていない台座がありました。実はここにはもともと仏像があったそうなんですが、東日本大震災で倒れてしまったんだとか。そういえば心なしか台座もずれた位置にあります。地震で滑ったんでしょうか?

仏像があった台座
今ではこの辺も修復されているのか・・・?

こういう感じの文化財的なものというのは実は簡単には直すことができなくて、国の許可がいるんだそうです。

茨城県牛久市に牛久シャトーというワイナリーがあるんですが、そこも文化財で震災のダメージを修復するための許可が行政から降りなくて何もできない、と言っていたのを思い出します。

御朱印

御朱印をいただきました。

御朱印
聖観音の御朱印

松岩寺への行き方

高萩駅からタクシーで35分です。遠い!

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事