江戸三十三観音一番札所・浅草寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

常陸三十三観音が終わり、「きちんと結願できる観音めぐりもしたいな」と思ったので、江戸三十三観音をやることにしました。今回は東京都内ということもあるので「全部徒歩の一筆書き」でやることにしました。

一筆書きというのはつまり「一番から順に三十三番まで巡る」というものです。途中時間が遅くなって帰ったときは最寄りの駅やバス停から宿に戻り次回その駅やバス停から続きをやるというルールです。東京都内はそんなに広くないという認識だったのですが、まさかあのときはこんなことになろうとは。

ちなみに、常陸三十三観音が終了した翌日からやっています。かなり御朱印づいていましたね。

浅草寺の概要

雷門
世界中で有名な雷門、ここをくぐり浅草寺に入ると江戸産十三観音が開始されると言っても過言ではないかもしれません。以前ココの前で撮影していたボビーオロゴンを見かけたけど彼はそんなことは知らないかもしれないと思ったけど何気に博識だから知っていそうとも思いました。

浅草寺の始まりは結構ファンタスティックな始まり方で、漁師の網に観音様が引っかかったことから始まったそうです。そんな事あるんだなという感じです。

山号は金龍山といいます。なので、正式には金龍山浅草寺といいます。あの辺真平なんだけど山なんですね。そんなわけで飛鳥時代からこの令和に至るまでずっと浅草寺は続いているんだそうです。

宗派は聖観音宗と言うそうです。本尊も聖観音菩薩ですが絶対秘仏なので公開されることはないのかもしれません。

浅草寺のウェブサイトもあります。さすが大都会東京(関係ないけど)

お参りをした

雷提灯の下にある龍
雷門の提灯を下から見るとこういう龍の彫り物がしてあるのは何気に豆知識だったりしますが、あのごった返している中でこんなとこゆっくり見るのも度胸がいります。

浅草寺はこれまでに何回も行ってきたし実はこの近所に澄んでいたこともあるのですが、常陸三十三観音をやった後改めて来てみるとなんとなく装いも新たに来た感じがしました。

仲見世通り
この日は平日に行ったので仲見世通りもそれほど混んでいなかったけど、夜に行くと恐ろしいくらいにガランとしていたりするのでこれもまた一興。

仲見世通りもなんとなくシャッターが降りてるところがチラホラあってときの流れを感じたりしました。

小舟町の提灯
そういえば雷門とこの門の間が仲見世通りでこうやって門を二重にしているのもなにか意味があるのかもしれません。

小舟町の提灯が下げられたもんをくぐってもうちょっと進むと本堂があります。ここでまずはお参りをしました。

本堂
そういえばあまり本堂の印象がありませんでした。きっと仲見世通りがあまりにも混んでてここにつく頃には体力尽きていたのだと思いますね。

で、この本堂からもうちょっと行くと朱印所というのがあります。影向堂という建物の中です。

朱印所の看板
ここで江戸産十三観音一番目の御朱印をいただける。

中に入ると御朱印受付の行列がありました。老若男女問わず、修学旅行っぽい学生三たちもいました。さすが大都会東京、茨城では何一つ立ち止まらずにお参りからの御朱印までたどり着けたし、あまりふいに行っちゃうと住職さんがいなくて出直す羽目になったもんですが、こういうのはなさそうです。

御朱印を頂戴しました

御朱印
御朱印を頂戴したのですが、頭に梵字が書かれています。茨城のシンプルなものとはちょっと違っていましたね。

今回は江戸産十三観音なので、御朱印帳もここで購入しました。御朱印とともに何やらレターが入っており、「最近御朱印をスタンプラリー感覚でやってる人がいて嘆かわしい、もっと流儀を尊重してください」と書いてありました。が、流儀が書かれておらずよくわかりませんでした。

浅草寺への行き方

浅草寺は都営浅草線の浅草駅からすぐにあります。30分位歩いていいなら上野から歩いてもいいでしょう。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事