江戸三十三観音四番札所・回向院

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

江戸三十三観音はコンパクトにまとまってはいるものの割と行ったり来たりしますね。浅草の浅草寺から上野の大観音に行って今度は両国ですからね。ここは結構歩きました。

あと、順繰りに歩いてるはずなんですが、微妙に今見ると自信ないかもしれない・・・

回向院の概要

回向院は江戸時代にあった大火事で焼け死んだ10万人の人々を弔うために将軍家綱の命によって作られたそうです。10万人の無縁仏を祀るお寺というのは日本一なんだとか。

その後も色んなイベントが開催される場所に選ばれたりしていたんだそうです。

ホームページ

お参りをした

上野から浅草を抜けて両国まで歩くと流石に一時間位かかりましたし、到着した頃はちょっと日も傾いていました。

更に悪いことにこのお寺の入り口を見つけることができず周りをぐるっと歩いたりしました。反対方向に歩いていればさっくりと入り口についたのに・・・

入り口
入り口は結構きれいでした。

お寺の中も割と物々しい感じの墓地でした。薄暗かったからかもしれませんが。

力塚
これは相撲に関係があるってことなんでしょうかね?

寺の中には力塚という塚もあったりして、相撲との関係も感じさせます。

御朱印を頂戴しました

御朱印
御朱印は馬頭観音でした。

回向院への行き方

両国駅から割と近い位置にありますが、幹線道路を渡るので、多少時間がかかるかもしれません。ずっと歩いてやっているので正直知らないんですけどね。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事