江戸三十三観音二十二番札所・長谷寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

二十二番長谷寺は西麻布にあるお寺で、麻布台観音というのが有名なんだそうです。

増上寺から3キロほど離れているので、小一時間歩きます。六本木ヒルズでシャレオツな感じにお茶をしていったも良いかもしれません。

長谷寺の概要

長谷寺(ちょうこくじ)のあるあたりはもともと渋谷が原と呼ばれており、昔から観音堂があったそうです。徳川家康がこの観音堂を中心に開いたのが長谷寺です。

ウェブサイト

お参りをした

道をてくてくと歩いていると長谷寺の案内看板がありました。結構歩いたので後少し!という感じに。

案内看板
後少しで着く・・・!

山門です。なんとも時代劇感のあるデザインです。格好いいですね。

山門
専門僧堂とありますが、僧堂って?

少し調べたら僧堂というのは修行中の僧侶が集団生活を行うところみたいですね。

入って割とすぐにこういうお城っぽい建物があります。

お城っぽい建物
ネタバレするとこの中に麻布大観音があります。この建物かなり大きいです。

中に入って麻布台観音にお参りをしました。大観音というだけあって結構大きいです。なんとも穏やかな表情の女性(?)ですね。

麻布台観音
観音様って女性なのかな?というくらいになんとも中性的なデザインです。

麻布台観音は十一面観音です。もともとは二丈六尺なので、8m位でしょうか。それが戦争で焼失してしまったものの、1977年に10年間の歳月をかけたのちん三丈三尺の今の姿に復元されたそうです。

麻布台観音、、、タメ年だった!

御朱印を頂戴しました

御朱印をいただきました。御朱印はこの麻布大観音です。

御朱印
麻布大観音

長谷寺への行き方

表参道から10分位なんだそうです。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事