江戸三十三観音二十三番札所・大円寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

二十三番大円寺は金龍山といいます。浅草寺も確か金龍山だった気がしますね・・・なにか関係があるんでしょうか?

今回の経路はかなり長丁場です。7.1キロも離れていますから。青山一丁目から神宮球場を抜けていき、市ヶ谷から神楽坂というふうに行くイメージです。なんだかんだ護国寺結構近いです。

大円寺の概要

大円寺は1597年に創建し、1649年に今の場所に移転したそうです。境内には江戸の大火で有名な八百屋お七にちなんだほうろく地蔵があります。

参考サイト(猫の足あと様)

お参りをした

このお寺に来るまでにはかなりの距離を歩きました。到着したらなんとも鳥居のような入り口で、一瞬「ん?」と思いました。だけど上には瓦が乗っているし、鳥居ではないようです。

入り口
一瞬鳥居かとみまごうかんじの山門。

ですが、下を見ると大円寺の石塔がありました。一安心ですね。

石塔
これを見つけないと一瞬自分がどこにいるかよくわからなくなります。

入ってすぐにほうろく地蔵があります。ほうろくというのは焙烙のことでしょう。

ほうろく地蔵
焙烙というのは火をたく道具だそうです。

寺内を歩くと仏さんもいらっしゃいます。大日如来かな?

大日如来と・・・
もう人方は観音様でしょうか?

奥に本堂があります。なんとも立派な本堂。結構都心なのだけどとても静かでいい雰囲気のお寺です。

本堂
いい雰囲気の本堂です。

御朱印を頂戴しました

御朱印をいただきました。十観音?七観音?なんとも曖昧な感じです。

御朱印
十か七か・・・なんとなく七だと思います。

大円寺への行き方

茗荷谷駅から歩いて数分と行ったところでしょうかね。ミョウガ食べたいなあ。。。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事