江戸三十三観音二十六番札所・済海寺

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

二十六番済海寺は魚籃寺から割とすぐそばで500m位の距離です。亀塚公園というのがすぐそばにあり、聖坂と言う坂を歩いていくとつきます。

済海寺の概要

こちらの猫の足跡様のコンテンツを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

浄土宗のお寺である済海寺は1626年に開山したそうです。幕末にはフランス公使も置かれたそうなので割と重要な施設だったのでしょう。

お参りをした

まずは聖坂を進んでいきます。聖坂にはこの坂の由来となった看板?案内?が建てられていますので、この坂道が一体何であったかを知ることができます。

聖坂案内
聖坂の案内には商人を兼ねた高野山の僧侶がこの坂を開き、宿もあったので聖坂というと書かれていますが、今の自分の感覚だと何一つつながってこなくて面白いですね。

しばらく歩くと済海寺の山門に到着します。

山門
山門はなんともカッチリした造りでした。

寺内の観音堂でお経をあげました。

観音堂
亀塚観音というのが一体何かはちょっとわからなかったんですよね。亀に乗っている観音様というのは観音堂前のイラストでわかりますが、どこかおぼっちゃまくんっぽい・・・

ところで亀塚観音、ひいては亀塚というのはなんなのか気になったのですが、この済海寺の隣には亀塚公園があります。この公園のWikipediaによると、亀塚と言う名前の由来は、円墳上の盛り土があること(ただし古墳だとは判断できないそうです)、または竹芝伝説における霊亀を土地の人が神に祀ったというものの二通りがあるようです。

なんにしてもこの竹芝伝説というのがキーのようですが、ネットだけだと調べきらんですね・・・

御朱印を頂戴しました

御朱印をいただきました。

御朱印
相当くずし字になっているんですが、亀塚観音と予想します。ここまで崩されるともはや読めない・・・

済海寺への行き方

田町駅から歩いて10分位でしょうかね。

パワースポットの最新記事

訪問の最新記事

寺の最新記事