ミミズとボカシのコンポスト2種盛り合わせ

Table of Contents

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

以前購入したボカシバケツという製品、最終的におぞましいレベルの生態系が誕生したことで諦めたんですが、ボカシの粉とバケツが残っていましたので、バケツを使ってワームファームを、粉を使ってボカシコンポストを作ってみることにしました。

今回作るコンポストはなにか?

まずワームファームと言うのは、ミミズに生ごみを食べてもらって処理する、という方式のコンポストです。コンポストと言って良いのかまではあまり確信はありませんが、ミミズが生ごみを食べたときの排泄物が良い肥料になります。

もう一方のボカシコンポストは生ごみとバクテリアがくっついて発行させます。こちらも最終的に土が良い肥料になります。

では早速作り方を。

ミミズコンポストを作る

それではまずミミズコンポストを作ります。ミミズはかなり食欲があるそうで多少の生ごみなら一晩で食べ尽くすそうです。すごいですね。

ミミズコンポストの材料

ミミズコンポストの材料は、以下の3つです。

藁マルチ、ココナッツファイバー、ミミズ

なんとこちらではミミズが箱で販売されています。タイガーワームと言うんだそうです。我が家のコンポストのミミズはいろいろしくじってしまいいなくなってしまったので、今回は涙をのんで買いました。

次にこちらのボカシ用バケツ。なんかいろいろ矛盾していますが、これは二重になっていて内側のバケツのそこに穴が空いているので、ミミズの排泄物と言うなの肥料を受け止めるのではと期待しています。

ボカシ用バケツ

そして土、これがないと始まりませんね。

土

早速作る

と言ってもあまりむずかしいことはないんですが、底の方にココナッツファイバーと藁を敷いて、その上に土、そしてミミズを放ちます。

ココナッツファイバーを底に敷く

ココナッツファイバーを一番底に入れます。

その上に藁マルチを敷く

この上に藁マルチ、ここまで引いたら一旦水を入れて湿らせます。ワームファームはそこのほうがジメッとしている必要があります。このへんはシュレッドした紙で代用する人もいるようです。

土を入れる

上に土を入れます。

ミミズを入れる

そしてミミズを入れました。

ボカシ

ミミズを入れたらしばらくおいておきます。ミミズが中の方に移動します。

これでワームファームは出来上がりですが、何分初めてなのでおっかなびっくりに使っていこうと思います。

ボカシコンポストを作る

こちらは本当に簡単で土とボカシを混ぜるだけです。

バケツ

バケツを用意して

土を入れる

土を入れました。

ボカシを入れる

ボカシを入れました。

よくませる

そうしたらよく混ぜます。これだけです。

コンポストを使う上での注意点

コンポストの中のボカシコンポストは温度が上がっていくことで効率が良くなるという点が重要なので例えばあまりびしょびしょなものを入れるとかはよくありません。vegetablesなんかも一晩乾かしてから入れるとかのほうが実はいいそうです。

あとはどちらも細かく刻んであげたほうが効率が良くなるそうです。

まぁ時間がないのでとりあえず埋めるくらいにするんですけどね。

そんなわけで作る文には簡単なのでやってみると良いと思いますがまだ効果の程がわからないのでそのへんはおいおい嗅いていこうと思います。

今回の材料はどこで入手できる?

Mitre10というホームセンターがあります。ここで全部購入することができます。Mitre10に行って園芸コーナーを探してみてください。

持続可能の最新記事

道具の最新記事