bullet-journal二冊目

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

今年に入ってから始めたbullet-journal、当初はモレスキンのノートを使っていたのですが、今回LEUCHTTURM1917を入手できたのでこちらを使うことにしました。

一冊目はかなり迷走したものな方向性は定まった

bullet-journal、当初は色々と張り切ってインスタグラムとかでデザインを参考にしたりしてたのが、最終的に以下のように落ち着きました。

すごくシンプルだし、結局bullet-journalですらないのですが、自由さが売りなのでこうなりました。

モレスキンの不満点

入門としてモレスキンを使ったのですが、いくつか不満な点がありました。

ページ番号をいちいち書くのがめんどくさい(のでインデックスをやめた)

しおりが一本しかないので今日のページにしか行けない(のでウィークリーとマンスリーをやめた)

また、当初一年の予定を書くというのもあったのですが、そこまで細かくやると時間もかかるので最終的にやめました。

モレスキンを使うことで自分に必要な情報の絞り込みはできたものの、製品としての不便さは如何ともし難かったですね。

LEUCHTTURM1917を入手!

オークランドはニューマーケットというところにアート系のお店がありました。前から気になっていたのですが、ここに行ってみたらなんとありました。LEUCHTTURM1917。

なんて読むかはわからないんですけどね。

ちなみにbullet-journalモデルがありましたが、今回はノーマルなモデルを買うことにしました。

この製品は、ページ番号が振られているのとしおりが二本あるのが便利そうでした。

しばらくやってみて思ったこと

まず、bullet-journalは一冊あたり半年くらいがちょうど良いのかと思いました。

また、月のページ、週のページ、日々のページ、というのもあまり連続で書くと色々と面白くない感じになるので、最初の何ページかは月の、次は週の、そして日々のページ、と構成していき残りは趣味に使うとか?今回はそうやっていこうと思います。

今回見つけたお店の場所

ニューマーケットでart supplyで検索すると出るお店です。

このほかにも豊富な画材もあるようなので結構楽しそうなお店でした。

技術の最新記事

ライフハックの最新記事

の最新記事