今度はきちんとやりたい

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

bullet-journal1冊めは今月いっぱいで終了になり、7月からは新しいノートになります。で、1冊めでは「いいと思ったこと」とか「いいアイデアだけど自分の生活では使わないな」というものなんかがあって2冊めはもうちょっとうまく使えるのではと思っています。

使い方でまずかったこと

まず、個人的には「半端なページ」というのがどうしても好きじゃなくて、例えば左右左右と使っていて、週の終わりや月の終わりに右だけ余る、となると結構げんなりします。人によっては振り返りに使ったりするのかもしれませんが。なので、まずはこの半端なページ、が出ないようにしたいと思いました。

アイデアとしてはノート全体を「マンスリーログ」「ウィークリーログ」そしてデイリーログ」にして残りは「コレクション」というか自由帳?的に使ってはどうかと言うものでした。これからの半年はこれをやってみたい。

次に「使わないジャーナルは書きたくない」というものがあります。

平日は業務の記録をつけたりするのでタイムラインは便利なんですが、土日はどちらかというと溜まったタスクを順次片付ける期間なので、ジャーナルを書く必要も別にありません。むしろToDoさえあればそれでいいとなります。

そこで、平日はジャーナルとToDoを半々くらいで、土日はToDoのみを2日分まとめて書く、という感じで良さそうです。

ですがここで強敵の祝日が出てきます。この日をどうしようか?と思いましたが、今回は思い切って平日と同じ扱いにしようと思います。だって、月に奇数回祝日があると半端ページできるし。

ウィークリーログはどうしよう?

これなんですが、見開きで書くと多い、半分で書くと若干少なめという難点があります。また、なにかトラッキングしてみたりしようとしたことはありますが結局飽きて続かなかった実績があるので、考えどころでした。頑張ってトラッキングするかとも思いましたが多分ストレスが溜まって良くないので、半ページを使っていきます。

マンスローログは見開き一択

マンスリーログについては見開きです。というのも月単位になると今度はカレンダーの役割も果たすようになるからです。

これで計算してみる

まずは、今回買ったノートが251ページあるので、どう使うかというふうになります。ノート自体は3部構成でマンスリーログ、ウィークリーログ、デイリーログであまりは自由に使います。

大雑把な構成は以下のようになります。

ページ数 用途
1 表紙
2 カレンディックス
12 マンスリーログ
27 ウィークリーログ
132 デイリーログ(平日)
26 デイリーログ(土日)

つまり、200ページが予約されたことになります。

装飾を施すか

次の問題はハイレベルバレッターになると、月ごとに表紙を書いてみたりしています。正直これやってみたのですが、自分にとって続かなる最大の要因でした。なので今回はやりません。じゃぁ余った51ページを何に使うかという問題があるんですが、ここは完全自由エリアなのでアイデア帳とか趣味のメモとかそういったものにしていくことになると思います。そしてこうすることで半端ページが出にくくなると思います。ウィークログとデイリーログの間には1ページの半端が出ますが、まぁそこはなにか挟んでもいいかと思います。流石にこれくらいは大丈夫でしょう。

割と計画大事

特に自分みたいに変に半端ページを出すと急にげんなりするタイプの人はいかに半端ページを出さないかが大事な気がしますが、実際問題これがどうなるかはお楽しみということで・・・

技術の最新記事

ライフハックの最新記事

の最新記事