現在のこのサイトについて

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

そんなわけで、tonouchi.blogにめでたく1.0.0をつける気になったのでつけました。今後はあまりバージョン上げないようにしたいです。ついでなのでどんな感じにやってるのかを書いてみようと思います。

jekyllについて

現在tonouchi.blogはjekyllというツールを利用して構築しています。このツールはstatic-siteと呼ばれるウエブサイトを作るためのツールです。

2000年代の人ならなんとなくやったHTMLを書いてftpでどこかにアップロードするようなノリですが、あれをさらにすごい感じにしたものです。

テンプレートを書いてそれに流し込むファイルを作ってコマンドを実行するとかつて手で書いていたHTMLなど一式か生成される算段です。

今回なんでこれをつかったのかというと、まぁ、気分ですね。今後はmarkdownでやりたいと言うのもありましたし。

github

jekyllのソースは全てgithubで管理しています。理由は後述するnetlifyと連携するというのが主な点なのですがこの他にも

と言うのが大きかったですね。bitbucketなんかでも同じことできたでしょうけど、個人でやってるのでメジャーどころを選びました。

netlify

サイトのポスティングはnetlifyを利用しています。github pageだとどうもプラグインが使えないらしいのでこちらを選びました。

netlifyでは、独自ドメインの設定やSSLのサポートなんかもありますし、設定したリポジトリの設定のブランチが更新されたら自動でサイトを更新してくれてありがたいですね。

例えば個人の環境では開発用ブランチで記事を書く、確認したらdevelopブランチにマージしてプッシュ、オーケーならmasterブランチにマージしてプッシュ、と言う感じに作業ができます。

特にサイトの作りを変える時なんかはこのやり方が良さそうです。

まとめ

今回の変更でサイト運営はドメイン代のみになりました。

技術の最新記事

静的サイトの最新記事

Jekyllの最新記事